| ホーム | 会社概要 | 購読の案内 | 建設タイムズ | お問合せ |




長野経済新聞:会員5500台へ再チャレンジ 理事会、19年事業計画承認/長野法人会(19年4月5日)

会員5500台へ再チャレンジ 理事会、19年事業計画承認/長野法人会(19年4月5日)

 長野法人会(山浦愛幸会長)は3月27日、ホテル国際21で理事会を開き、2019年度の事業計画と収支予算を原案通り了承した。5月15日に開催する理事・企画運営評議員合同会議で正式承認する。19年度は、これまでテーマに掲げてきた「法人会で税に強くなろう」をさらに深掘りして、研修、租税教育、広報、会員支援について、テーマを意識した各種事業を展開する。また、6月5日に同ホテルで行う第7回通常総会に提出する審議事項なども確認した。
 冒頭、山浦会長は「法人会は会員あってのもの。会員数の維持と拡大に努めたい」とあいさつ=写真。18年12月末現在の法人会員数は5494社(うち正会員5342社)で、全国単位会では6番目に多いと報告した。
 19年度の事業実施にあたっては、「法人会で税に強くなろう」のテーマを引き続きメインに掲げ、税を中心に経済および地域の変動からもたらされる会員ニーズに的確に応え支援する事業を展開する。さらに社会貢献、福利厚生、会員支援等の事業実施にあたっては経営者の人的交流、悩みの共有、情報交換など会員相互の交流の場の提供に努め......(続きは長野経済新聞で)
























お問合せ、取材の依頼はこちらへ
※この記事の著作権は、全て長野経済新聞社に帰属します。長野経済新聞社の許諾無しに転用・引用・使用することをかたく禁じます。
Copyright (C) 2002-2006 Nagano Keizai Shinbunsha All rights reserved.