| ホーム | 会社概要 | 購読の案内 | 建設タイムズ | お問合せ |




長野経済新聞:環境配慮の設備を充実/松岡の新ごみ焼却施設(19年3月5日)

環境配慮の設備を充実/松岡の新ごみ焼却施設(19年3月5日)

 長野広域連合は2月25日、3月1日から本格稼働する新ごみ焼却施設「ながの環境エネルギーセンター」(長野市大豆島松岡)を報道機関に公開した。参加者は、7日分のごみを貯留できる2つのごみピットで、クレーンがごみを均等に撹拌し焼却炉に投入する場面などを見学し、ごみの分別やごみ処理の歴史、センターの仕組みなどを学べる環境学習施設を体験した......(続きは長野経済新聞で)


写真:収集されたごみをクレーンが均等に撹拌し、焼却炉に運び入れる






















お問合せ、取材の依頼はこちらへ
※この記事の著作権は、全て長野経済新聞社に帰属します。長野経済新聞社の許諾無しに転用・引用・使用することをかたく禁じます。
Copyright (C) 2002-2006 Nagano Keizai Shinbunsha All rights reserved.