| ホーム | 会社概要 | 購読の案内 | 建設タイムズ | お問合せ |




長野経済新聞:長野・松本両市長共同宣言 75歳以上を「高齢者」/知事、協力姿勢示す(18年12月5日)

長野・松本両市長共同宣言 75歳以上を「高齢者」/知事、協力姿勢示す(18年12月5日)

 長野市の加藤久雄市長(76)と松本市の菅谷昭市長(75)は22日、長野市県町のホテル国際21で阿部守一知事(57)と懇談し、高齢者の定義を65歳以上から75歳以上に見直す両市長の共同提言を全国に広めることへの協力を求めた。
 提言では、65歳からを人生の「全盛期」として、健康寿命を延長し、年齢にかかわらず希望と意欲が湧き、自分らしく活躍できる社会の実現を目指して、「75歳以上を高齢者」と定義。高齢者施策の年齢要件などの変更は......(続きは長野経済新聞で)


写真:阿部知事(左)に協力を求める加藤市長(中央)と菅谷市長(右)













お問合せ、取材の依頼はこちらへ
※この記事の著作権は、全て長野経済新聞社に帰属します。長野経済新聞社の許諾無しに転用・引用・使用することをかたく禁じます。
Copyright (C) 2002-2006 Nagano Keizai Shinbunsha All rights reserved.