| ホーム | 会社概要 | 購読の案内 | 建設タイムズ | お問合せ |




長野経済新聞:長野駅通路でフードドライブ/集まった食品、福祉施設に提供(18年10月5日)

長野駅通路でフードドライブ/集まった食品、福祉施設に提供(18年10月5日)

 長野中央ライオンズクラブ(LC、竹内伊吉会長=大成産業社長)は9月30日、長野市と共催で、JR長野駅2階東西自由通路イベントスペースで、第11回フードドライブを行った。余っている保存食品を持ち寄り、市内の児童養護施設などへ寄贈する食を通じた奉仕活動で、毎年、この時期に実施している。
 今年は、台風の近づく天候にもかかわらず、例年を上回る330人がおよそ5843個の食品を持ち寄った。今年は「台風が来る前に」と早めに訪れる人が多く、開始時間前から次々に受け付けに食品を抱えた人たちが集まり......(続きは長野経済新聞で)


写真:大勢の市民が食品を持ち寄った
























お問合せ、取材の依頼はこちらへ
※この記事の著作権は、全て長野経済新聞社に帰属します。長野経済新聞社の許諾無しに転用・引用・使用することをかたく禁じます。
Copyright (C) 2002-2006 Nagano Keizai Shinbunsha All rights reserved.