| ホーム | 会社概要 | 購読の案内 | 建設タイムズ | お問合せ |




長野経済新聞:現場で建設業の魅力伝える/高木建設が長工生対象に特別授業(18年6月15日)

現場で建設業の魅力伝える/高木建設が長工生対象に特別授業(18年6月15日)

 高木建設(木正雄社長)は4日、長野市伊勢宮一丁目(裾花幼稚園周辺)で進めている舗装工事の現場で見学会を開いた。担い手の入職促進に向け、建設業の魅力を伝えることが目的。同社の現場代理人が舗装の種類やそれぞれの利点と問題点、技術者と技能者の違いなど、長野工業高校土木科の2、3年生の生徒約80人に特別授業を行った。
 工事は長野市上下水道局発注の(続きは長野経済新聞で)


写真:長野工業高校の生徒たちを対象に実施した高木建設による舗装工事の現場見学会(写真は2年生の授業)





























お問合せ、取材の依頼はこちらへ
※この記事の著作権は、全て長野経済新聞社に帰属します。長野経済新聞社の許諾無しに転用・引用・使用することをかたく禁じます。
Copyright (C) 2002-2006 Nagano Keizai Shinbunsha All rights reserved.