| ホーム | 会社概要 | 購読の案内 | 建設タイムズ | お問合せ |




長野経済新聞:本社敷地にトランクルーム/水島紙店(18年5月15日)

本社敷地にトランクルーム/水島紙店(18年5月15日)

 紙製品卸の水島紙店(水島康明社長)は、長野市高田の本社敷地内に、利用者が自由に荷物を出し入れできるレンタル型収納スペース「スペースプラス長野高田」を開設した。全国でトランクルームなどを取り扱うランドピア(本社・東京都中央区)とフランチャイズ(FC)契約を結び、敷地内の元倉庫だった建物に屋内型のトランクルームを48部屋、屋外にコンテナトランク14部屋を配置した。
 水島社長はFCについて「業務の合理化で、印刷用紙を保管していた3つの倉庫を2つに集約した際、空いた倉庫の利用方法として、本業と共に長期にわたり永続できる事業が必要と考え導入を決めた」と述べ、「地域貢献の面でも、たくさんの荷物に囲まれ困っている人に利用してもらい、広々としたスペースで生活してほしい」と話している。(続きは長野経済新聞で)


写真:屋内型トランクルームが入る同社倉庫






























お問合せ、取材の依頼はこちらへ
※この記事の著作権は、全て長野経済新聞社に帰属します。長野経済新聞社の許諾無しに転用・引用・使用することをかたく禁じます。
Copyright (C) 2002-2006 Nagano Keizai Shinbunsha All rights reserved.