| ホーム | 会社概要 | 購読の案内 | 建設タイムズ | お問合せ |




長野経済新聞:全社員が活動量計を携帯/炭平コーポレーション(18年5月15日)

全社員が活動量計を携帯/炭平コーポレーション(18年5月15日)

 建築資材販売の炭平コーポレーション(鷲澤幸一社長)は、働きながら健康になれる会社を目指す「働き方改革」の一環として、4月から健康総合企業のタニタによる健康プログラムを全社員135人に導入し、4月21日に同市県町のホテル犀北館で開催した新年度方針発表の中でキックオフイベントを行い、測定を開始した。
 鷲澤社長は「健康に前向きに取り組むことで、日々の生活もポジティブになり、仕事の業績にもいい影響があると考えている。このプログラムを通じて、健康で長く働いてもらえる環境をつくっていく」と話していた。
(続きは長野経済新聞で)


写真:全社員に配布した活動量計を手にする鷲澤社長


































お問合せ、取材の依頼はこちらへ
※この記事の著作権は、全て長野経済新聞社に帰属します。長野経済新聞社の許諾無しに転用・引用・使用することをかたく禁じます。
Copyright (C) 2002-2006 Nagano Keizai Shinbunsha All rights reserved.