| ホーム | 会社概要 | 購読の案内 | 建設タイムズ | お問合せ |




長野経済新聞:地域医療を担う人材養成/長野保健医療大、看護学部新設で会見(18年4月15日)

地域医療を担う人材養成/長野保健医療大、看護学部新設で会見(18年4月15日)

 長野市内で来年4月の看護学部新設を目指す長野保健医療大学(長野市川中島町今井原)の岩谷力学長や井部俊子看護学部長予定者らは10日、県庁で記者会見を行った。両氏は、人口減少や超高齢社会に対応した、地域に寄り添い、患者の心情に共感できる”ゆるやかでおおらかな看護師・保健師”の輩出を目標に掲げた。
 井部看護学部長予定者は「自ら課題を発見して研究に結びつけ、理論に基づき病気予防や健康増進活動を実践できるよう、人材を育てるより、(自然に)育つ手助けをしていきたい」と述べ、「知識に加え、豊かな人間性を備えた人物」を理想の看護師に挙げた。(続きは長野経済新聞で)


写真:会見する岩谷学長(左)と井部看護学部長予定者(中央)


































お問合せ、取材の依頼はこちらへ
※この記事の著作権は、全て長野経済新聞社に帰属します。長野経済新聞社の許諾無しに転用・引用・使用することをかたく禁じます。
Copyright (C) 2002-2006 Nagano Keizai Shinbunsha All rights reserved.