| ホーム | 会社概要 | 購読の案内 | 建設タイムズ | お問合せ |




長野経済新聞:部会活動、本所組織と一体化/長野商議所篠ノ井支所会館を建て替え(18年4月5日)

部会活動、本所組織と一体化/長野商議所篠ノ井支所会館を建て替え(18年4月5日)

 長野商工会議所(北村正博会頭)は3月26日、長野市県町のホテル国際21で第293回常議員会と第211回通常議員総会を開き、2018年度事業計画などを決議した。18年度は、地域社会や産業の振興を図るため、「変化への対応」をテーマに、時代に即した改革を進めながら、人口減少対策や中小企業支援、観光振興などの事業を積極的に推進する。
 北村会頭は「“輝き続ける都市(まち)長野”を目指して若い世代が地元に定着し、長野市を誇りに思えるような取り組みを進めていく」と述べ、NAGANO検定や同検定ジュニアの普及を図り、長野市のファンを増やし、市内に50数社あるIT関連企業に将来の人材を呼び込むため、初の子ども向けプログラミングコンテストを開催すると強調した。(続きは長野経済新聞で)


写真:18年度事業計画などを承認した長野商工会議所通常議員総会




























お問合せ、取材の依頼はこちらへ
※この記事の著作権は、全て長野経済新聞社に帰属します。長野経済新聞社の許諾無しに転用・引用・使用することをかたく禁じます。
Copyright (C) 2002-2006 Nagano Keizai Shinbunsha All rights reserved.