| ホーム | 会社概要 | 購読の案内 | 建設タイムズ | お問合せ |




長野経済新聞:五輪メダリストら95人/長野市スポーツ協会表彰(18年4月5日)

五輪メダリストら95人/長野市スポーツ協会表彰(18年4月5日)

 公益財団法人長野市スポーツ協会(堀江三定理事長)は3月22日、市民のスポーツ振興や競技水準の向上に功績のあった市内在住の個人と団体を表彰し、平昌オリンピックで2つのメダルを獲得した小平奈緒選手(相澤病院)や、スキー競合ノルディック複合男子ノーマルヒルで銀メダルを獲得した渡部暁斗選手(北野建設)らのオリンピック選手をはじめとする92人と3つの企業が受賞した。市勤労者女性会館しなのき(鶴賀)で行われた表彰式では、同協会の会長を務める加藤久雄市長が受賞者に表彰状を手渡した。
 市民のスポーツ振興や競技水準の向上、その法人の発展に功績のあった功労表彰に3人と3団体、オリンピックや世界選手権大会などの世界規模の大会、ながの銀嶺国体や全国規模の各種競技大会などで優秀な成績を収めた栄光表彰に81人、栄光表彰に該当する選手らを育成した監督、指導者、コーチに対する勲功表彰に8人が選ばれた。(続きは長野経済新聞で)


写真:表彰を受ける小平選手(右から4人目)






























お問合せ、取材の依頼はこちらへ
※この記事の著作権は、全て長野経済新聞社に帰属します。長野経済新聞社の許諾無しに転用・引用・使用することをかたく禁じます。
Copyright (C) 2002-2006 Nagano Keizai Shinbunsha All rights reserved.