| ホーム | 会社概要 | 購読の案内 | 建設タイムズ | お問合せ |




長野経済新聞:救命処置法を学ぶ/グランセローズ選手ら(18年3月15日)

救命処置法を学ぶ/グランセローズ選手ら(18年3月15日)

 プロ野球独立リーグのルートインBCリーグが、非常時のAED(自動体外式除細動器)使用を目指し推進する「MIKITO AED PROJECT」の一環で、信濃グランセローズ関係者向けのAED講習会が、中野市江部の岳南広域消防本部中野消防署で開かれた。参加した本西厚博監督やコーチ陣、選手ら約30人は、救急救命士の指導を受けながら、講義と実技を学んだ。(続きは長野経済新聞で)


写真:胸骨圧迫の実習を行う選手ら

































お問合せ、取材の依頼はこちらへ
※この記事の著作権は、全て長野経済新聞社に帰属します。長野経済新聞社の許諾無しに転用・引用・使用することをかたく禁じます。
Copyright (C) 2002-2006 Nagano Keizai Shinbunsha All rights reserved.