| ホーム | 会社概要 | 購読の案内 | 建設タイムズ | お問合せ |




長野経済新聞:中小の事業承継支援で協定/県信用金庫協会と県弁護士会(18年2月5日)

中小の事業承継支援で協定/県信用金庫協会と県弁護士会(18年2月5日)

 県信用金庫協会(原徹爾会長=長野信用金庫会長)と県弁護士会(三浦守孝会長)は1月24日、長野市居町の長野信用金庫本店で、「中小企業支援に関する協定」を締結した。県をはじめ国全体で深刻化している中小企業の事業承継について、両者が協力して支援を行う。中小企業支援を拡充している県弁護士会が県信金協会に提携を持ちかけ実現した。三浦会長によると、信金関係との提携は京都信金と弁護士会が提携した例はあるが、信金協会とは、全国的にも初という。(続きは長野経済新聞で)


写真:締結後握手する県信金協会の原会長(左)と県弁護士会の三浦会長(右)





























お問合せ、取材の依頼はこちらへ
※この記事の著作権は、全て長野経済新聞社に帰属します。長野経済新聞社の許諾無しに転用・引用・使用することをかたく禁じます。
Copyright (C) 2002-2006 Nagano Keizai Shinbunsha All rights reserved.