| ホーム | 会社概要 | 購読の案内 | 建設タイムズ | お問合せ |




長野経済新聞:一刀入魂で次の100年へ/寺島工務店が50周年記念(18年2月5日)

一刀入魂で次の100年へ/寺島工務店が50周年記念(18年2月5日)

 寺島工務店(長野市安茂里小市、寺島秀敏社長)は1月26日、長野市内のホテルで設立50周年記念祝賀会を開催し、加藤久雄長野市長、風間辰一県議をはじめ220人を超える関係者が50周年の節目の年を祝った。同社社員による木遣りの先導で式典が開催。同社の50年の歩みが映像で紹介され、1963年に寺島新蔵現会長による創業、68年の有限会社としての設立、寺社建築を通じての出会い、2007年の秀敏社長就任などのエピソードが紹介された。(続きは長野経済新聞で)


写真:あいさつをする寺島社長。左右の盆栽は社長の友人で日本を代表する鈴木伸二氏の「風神・雷神」。屏風に貼られた書は片岡鶴太郎氏の揮毫





























お問合せ、取材の依頼はこちらへ
※この記事の著作権は、全て長野経済新聞社に帰属します。長野経済新聞社の許諾無しに転用・引用・使用することをかたく禁じます。
Copyright (C) 2002-2006 Nagano Keizai Shinbunsha All rights reserved.