| ホーム | 会社概要 | 購読の案内 | 建設タイムズ | お問合せ |




長野経済新聞:長野市と銀座のコラボ酒第2弾/純米吟醸と純米大吟醸発売(18年2月5日)

長野市と銀座のコラボ酒第2弾/純米吟醸と純米大吟醸発売(18年2月5日)

 長野市と東京・銀座のNPO法人「銀座ミツバチプロジェクト」の交流により生まれた日本酒「積善GINZA(せきぜんぎんざ)」の2季目が1日、市内の酒販店や銀座NAGANOなどで発売を開始した。長野市の大岡地区で育てられ、昨秋に銀座の約20人が参加し酒米「ひとごこち」約2・8tを収穫、西飯田酒造店(長野市篠ノ井小松原)が純米吟醸と純米大吟醸の2種類を醸造した。(続きは長野経済新聞で)


写真:新酒発表会で今季の「積善GINZA」をPRする(左から)飯田さん、田中理事長、加藤久雄市長、グリーン長野農協の神農佳人代表理事組合長
































お問合せ、取材の依頼はこちらへ
※この記事の著作権は、全て長野経済新聞社に帰属します。長野経済新聞社の許諾無しに転用・引用・使用することをかたく禁じます。
Copyright (C) 2002-2006 Nagano Keizai Shinbunsha All rights reserved.